So-net無料ブログ作成
独り言 ブログトップ
前の3件 | -

レンズ沼 [独り言]

ニコンの「Z6」に替えてから、1年が過ぎました。

何度か持ち出して撮影していますが、調子はいいです。

替えたときは、いろいろと出費がありましたが良い買い物をしたと満足です。

最初は3本だったZレンズも単焦点・ズーム共に種類が増えてきて大分選ぶ楽しみが

増えてきました。と言っても、安いものじゃないので次々揃えるわけにもいかず、

悩ましい日々が続いています。そこにまた、2種類新製品の情報が入ってきました。

20㎜F1.8の単焦点と24㎜-200㎜F4-6.3のズームレンズです。

どちらも4月発売で当然のことながら10万円超え。

自分の今持っているのは、14㎜-30㎜F4のズームと50㎜F1.8の単焦点。

それにFレンズの28㎜-300㎜F3.5-5.6のズームの3本。

どうせなら、アダプターなしのZレンズで揃えたいと前から思っていたので

どうしようかなあと悩んでいます。しかし、高倍率のレンズを買ってしまうと

単焦点の出番が極端に減ってしまう(今までの経験から)。

それだと宝の持ち腐れになってしまう。ここは、ぐっとこらえてマクロの105㎜が

発売されるのを待ってみようか。こんな事を考えているのが一番楽しい。



しかしこれがレンズ沼に嵌っていくんじゃないかと恐ろしくもなる今日この頃。


nice!(6) 
共通テーマ:地域

雪のない1月 [独り言]

今日で1月も終わり。何が驚いたといって、この時期に雪が無い。

12月末に雪のないことは何度かあった。しかし、年が明けて1月になっても雪が無い

というのは60年生きてきて、初めての体験。

前にも少し書いたと思うが、降らないといっても結局は最後(3月の終わり)には

きっちり平年並みの降雪量でしたということになるのだが、今年はそうはいかない感じ。

温暖化による異常気象なのか。雪に関する仕事をしているわけではないので、雪が無いのは

暮らし易いとは思っているが、でも後で大きな何かが起こりそうで不気味でもある。

変な伝染病もあるし、各地の地震も増えているようだし、今年は何か大変な年に

なりそうな気がして、心穏やかではいられない。杞憂であればいいのだが。


nice!(3) 
共通テーマ:地域

寅さんの思い出 [独り言]

今、正月映画で「お帰り、寅さん」が上映されているようです。

「寅さん」映画といえば思い出す出来事があります。

お盆や正月になればドリフターズの映画と2本立てで上映されていました。

毎年楽しみで全部ではありませんが、何本か映画館に出掛けていたものです、

自分が高校一年生の時だと思いますが、映画好きの同級生から

「今日学校終わってから、付き合ってくれないか」と誘われました。

何かと聞いてみると、「寅さん映画の撮影が善知鳥神社であるのでエキストラの

バイトしてみないか?」というものでした。通行人の役で、3千円だということ。

そりゃあ、いいと放課後行ってみることに。

現場に着いてみると、神社の境内に10軒ばかりの屋台が出されていて

お祭りの雰囲気が出されていました。同級生が、スタッフのところに行って

聞いてみると、午前中に決まってしまったとのこと。

人生初の映画デビューとはならず、バイト代も無しということになってしまったが、

滅多にない機会だからということで端っこの方で見物。

素人のエキストラだから寅さんを見たいのか、「立ち止まらないでくださ~い」と

何度も注意されていた。撮影は、10分足らずで終わったようでざわざわとしてきた

と思った瞬間、主演の渥美清さんがお馴染みの寅さんの格好で歩いてきた。

チャリチャリと雪駄の音。ダブダブの背広。古びたトランク。四角い顔に小さな目。

「お~!」思わず声が出た。と、こちらをチラッと見た目が合った(と思う)。

エキストラにはなれなかったけど、本物のスターを間近(ほんの2メートル先)で

見れたことで来てよかったなあという思いでいっぱいでした。

やはり、スターにはオーラがありました。中には無い人もいますが・・・。


ぜひ、映画館に見に行かねばということで何か月か後に上映されたのが、

「男はつらいよ 寅次郎相合傘」シリーズ15作目でした。

オープニングが終わって、スクリーンの下に青森の文字。

善知鳥神社の近くのビルから俯瞰で神社の境内が映し出された。

「もしかして、映っているかも」と思ったが、5秒ぐらいで寅さんの売の場面。

エキストラも殆ど映らずに15秒ぐらいで終わり。

「えー、これだけ」とびっくり。この20秒の為に、屋台を作り、エキストラを雇い、

映画一本作るのにどんだけ(費用が)掛かるんだろうと、そっちに驚いた。

それでも、この15作目はメロン騒動やリリー(浅丘ルリ子)との恋などで

傑作に数えられた一作。


寅さんと聞くと、いつもその時のことが思い出される。

映画館にも暫く行っていないし、新作見に行ってみようかな。


nice!(4) 
共通テーマ:地域
前の3件 | - 独り言 ブログトップ